2. GND (ハーフND)フィルター

GND(ハーフND)フィルターとは?

GNDフィルター(ハーフNDフィルター)とは、NDフィルターにより減光される部分と透明な部分、そしてその境目のグラデーションになっている部分からなります。この種のフィルターは空が明るく地面が暗いシーンなどで、空だけ暗くて、明るさの差を調節したい場合などに使用します。人間の目はとても優秀で、逆光の状況など、かなり明暗差のあるシーンでも問題なく見ることができますが、カメラの場合は白とびや黒つぶれなどの問題が起こってしまいます。GNDフィルターを使うことで、明るすぎる部分を遮光したバランスの良い写真を、ワンショットで撮ることが可能になります。

GNDフィルターの濃度

GNDフィルターの遮光性能は、NDフィルターと同じ表記で記されます。注意すべき点は、表記されている遮光性能はGNDフィルターの一番濃い部分(遮光性能が高い部分)を示す数字だということです。通常、GNDフィルターの一番濃い部分は、フィルターホルダーに装着した際に一番上にくる部分になります。しかし、GNDフィルターの種類によっては他の部分が一番暗くなるものもあります。

GNDフィルターの種類

ソフトGND

ND域から透明域への、ゆるやかなグラデーションが特徴。前景と空の間に構造物などが大きくせり出している場合などに使用します。たとえば、山脈や岬などが地平線や水平線の上に配置されるような構図です。太陽が入らない構図で使用するのに適しています。

(左)フィルター非使用 (右) NiSi CPL + Soft GND 8(0.9) + IR ND 1000(3.0) / Photographer : Eric Rousset

ハードGND

ND域と透明域の境目のグラデーションがはっきりとしたタイプです。地上と空の間に大きな輝度差があるときに活躍するフィルターです。典型的な使用場面は、地平線や水平線を遮るものがなく、遠くまで見渡せるような構図です。明暗差が大きくなりやすい逆光にも適しています。また、曇り空で使うと、ドラマチックで雰囲気のある描写になります。水平線や地平線の上に大きくせり出した被写体がある場合、ND域の境目が不自然な線となって被写体にかかってしまうので、そうしたシーンには適していません。

(左)フィルター非使用 (右) NiSi Hard GND 8(0.9) / Photographer : Solli Kanani

ミディアムGND

ソフトGNDとハードGNDの中間。高い汎用性を持ち、様々なシチュエーションで使用できます。

(左)フィルター非使用 (右) NiSi Medium GND 8(0.9) + CPL / Photographer : Duarte Sol Duarte Sol

リバースGND

一見ハードGNDと似ていますが、フィルターの中央付近が一番暗く、上に向かって徐々に薄くなっています。地平線や水平線から昇る朝日、または沈む夕日を撮影するのに最適なフィルターです。

(左)フィルター非使用 (右) NiSi Reverse GND 8(0.9) + CPL / Photographer : Duarte Sol

ホライゾンGND

黒い遮光部分が線状に施され、グラデーション部分は少ししかありません。太陽などの光源が水平線の真上にあるようなシーンの撮影に特化したフィルターです。ハードGNDやリバースGNDを補完する目的で使用すると効果的です。ミディアムGND8と一緒に使用すると、非常に明暗差が激しいシーンをワンショットで撮影できます。

GNDフィルターの選び方

GND4(2段減光)

減光効果がわずかなので、通常は太陽などの光源を直接入れないシーンで使用されます。空に漂う雲や霧などが光で明るくなっているときなどに使うと効果的です。直接光源に向けて使用する場合には減光効果が不十分です。

GND8(3段減光)

初心者にとってもっとも使いやすいタイプです。GND4よりもよりはっきりとした効果が期待でき、たとえば太陽が雲間から少しだけ現れ、雲の色を変化させつつも直接光はさほどない、といった場合に最適です。

GND16(4段減光)

雲のないクリアな空などで使用。ソフトGNDは通常太陽に向けて使用しないと書きましたが、例外もあり、その際はこのタイプを使います。ハードGND16は、太陽を直接とらえるようなシチュエーションで使います。ただし、前景が不自然に明るくなってしまう場合には、撮影後の現像で調整するか、ソフトGNDを上下逆にして重ねて使用することで解消できます。太陽などの光源が含まれないシーンではあまり使用しません。

ホライゾングラデーションはND16(4段減光)タイプになります。

ND/GNDフィルターの効果的な使い方

ご使用のレンズに適したフィルターホルダーおよびアダプターリングを忘れずに持っていきましょう。

CPLフィルターを使用する場合はフィルターホルダーを付ける前に装着しておきましょう。

フィルターホルダーはずれたりしないようにしっかりと装着しましょう。

濃いNDフィルターを使用する前に構図をしっかりと決めておきましょう。一度濃いNDフィルターを装着するとファインダー越しに構図を確認することができなくなってしまいます。また、ピントもNDを付ける前にしっかり合わせて、オートフォーカスをオフにしておきましょう。

GNDフィルターを使用する場合、暗くなる部分と透明の部分の境界が適切な位置にくるように注意しましょう。ライブビューを使用すると適切な位置を判断するのが容易になります。ハードGNDを使用する場合、ソフトGNDよりも慎重な作業が要求されます。

NDフィルターとGNDフィルターを組み合わせて明暗差の激しいシーンを効果的に撮影することができます。その際はGNDフィルターを外側のスロットに差し込んで使用してください。

撮影時に汚れや水滴などがフィルターに付着しないように注意しましょう。海辺や滝のそばなどで撮影する際には、時に水しぶきがかかることが避けられませんが、その場合はブロワーで水滴を吹き飛ばしながら撮影をします。

撮影が終わったら必ずフィルターをクロスなどで清掃し、汚れをしっかり取り除いてから保管してください。また、ガラスフィルターは衝撃に弱いため、必ずケースに入れて保管するようにしましょう。