S5 PRO CPLキット Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

¥39,800 + 税

希望小売価格 48,900円 + 税

多機能・高性能なNiSi角形フィルターのベストセラーモデル

S5 PRO CPLキットは、超広角レンズで自在なフィルターワークを望む風景写真家に最適なシステムです。各製品はアルミニウムをCNC加工機で高精度に削り出して作られ、耐久性・信頼性ともに抜群。フィルターホルダーには専用設計の円形フィルターと2枚までの角型フィルターを装着でき、それらは360°自在に回転可能。

別売の「S5アダプターリング」を追加することで、フィルター径72mm/77mm/82mmのレンズにも装着できます(一部のモデルのみ対応)

対応レンズ(S5): Olympus 7-14mm f2.8
CPLの選択(S5): PRO CPL

現在お取り寄せ注文(通常1~2週間で入荷)となります。

商品コード: nis-s5-ol714 商品カテゴリー: タグ: , ,

Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO 専用モデル 特徴と使い方

※ズーム全域でケラレは発生しません。

S5 PRO CPLキットの製品構成

●ホルダーフレーム
全レンズ共通パーツ。150mm幅の角形フィルター(別売)が最大2枚装着できます。

●S5専用円形フィルター
S5のために専用に設計された円形フィルター。本キットにはPRO CPLが付属。別売でNDフィルター、ランドスケープCPLなどのフィルターがあります。

●アダプター
各レンズの形状に合わせた専用アダプター。単体での購入も可能です。

S5アダプターリング(別売)
72mm/77mm/82mmのフィルター径を持つレンズを装着できるようにします。対応レンズはこちらを参照してください。

●S5ホルダーケース
S5キット(ホルダーフレーム、専用円形フィルター、アダプター)が収納できる専用バッグ

▲画像クリックで拡大

角型フィルター、円形フィルターを、装着したまま独立してコントロール

角型フィルター、円形フィルターともに装着した状態で位置調整が行える、独立2ピース構造を採用。円形フィルターは、アダプター後部のギアで回転させて、位置合わせが行えます。角型フィルターの着脱もスムーズで、ホルダーの着脱はレンズをカメラにつけたまま行えます。フィルター装着、位置調整、ピント合わせといった一連の動作をスピーディーに行えます。

S5専用円形フィルター

S5専用設計の円形フィルターは、キットに付属のPRO CPLに加えて、別売でND8、ND64+CPL、ND1000、ND32000、UV 395nm、ランドスケープ CPLがあります。

CPLフィルターの基礎〜撮影テクニック

写真家、張千里(ZhangQian Li)によるCPLフィルターの解説。基礎から実際の撮影方法までていねいに解説(日本語字幕)。

ムービーによる解説

S5を構成する各パーツと構造について説明したムービーです。

S5装着のインストラクションムービーです。

高性能な製品には高精細なパーツが必要です。NiSi製品の製造工程がご覧いただけるムービーです。

プロフォトグラファーによる評価・解説

プロカメラマン Daniel K Cheong &Dany Eidさんによる、S5を使用したアイスランドでの撮影風景です。

オーストラリアの撮影チーム、DK Photographyによる製品レビュー。

  • 「PL」と「CPL(サーキュラーPL)」の違いは何ですか?

    CPL(サーキュラーPL)は、通常の「PL」に1/4λ位相差板を組み合わせたものとなります。

    一眼レフカメラは、レンズを通った光がハーフミラーによって、ファインダーに導かれる光と、ピント合わせや測光に使われる光とに分岐されます。この機構のカメラに「PL」を使用すると、ハーフミラーの光を分岐させる機能に干渉が起こり、AFや測光機能が作動不良になります。

    一方、CPL(サーキュラーPL)の場合、偏光膜を通過した直線偏光が位相差板を通過すると、円を描くように回転する光(円偏光)に変化します。これによりカメラのハーフミラー及びローパスフィルターへの機能干渉を避けることができ、露出計やオートフォーカスを正常に動かすことができます。

    「PL」と「CPL」では反射を除去する効果はどちらも同じです。

  • QホルダーとS5ホルダーの違いは何ですか?

    Qホルダーは角型フィルターのみを装着できます。各レンズ専用設計となっており、他のレンズへの付け替えができません。

    S5ホルダーは角型フィルターに加え、専用円形フィルターの装着が可能です。また、レンズアダプターを交換することで、他のレンズへ付け替えることができます。

  • PRO CPLとランドスケープCPLの違いは何ですか?

    ランドスケープCPLは、風景撮影用に開発されたCPLフィルターで、
    NiSi独自のコーティング技術により、従来のCPLより青や緑の発色が優れたフィルターです。
    また偏光効果を高めており、以下の特徴も兼ね備えています。

    • より均一な偏光効果
    • より高い色彩コントラスト効果
    • より高いヘイズカット効果(遠景がもやもやすることを解消)

    詳しくはこちらをご覧ください。

  • PLフィルターの耐用年数はどれぐらいですか?

    使用頻度や保管状態にもよりますが、通常は5年以上問題なくお使い頂けます。

    経年劣化を起こす理由は主に「偏光膜」にあります。PLフィルターは偏光膜というフィルムによって、一定の振動方向の光を選択的に透過(偏光)させていますが、この偏光膜が熱や紫外線によって劣化し変色を起こすためです。
    直射日光や高温になる場所を避けてフィルターを保管してください。

  • レビュー

    レビューはまだありません。

    “S5 PRO CPLキット Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO” の口コミを投稿します

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です